事業内容

  • 前処理・調合
  • arrow
  • スクープ式発酵槽
  • arrow
  • 熟成槽
  • arrow
  • ふるいわけ・粒度調整
  • arrow
  • 製品倉庫

1.前処理・調合

調理クズや食べ残しを副資材(間伐材等の木質チップ)と混ぜ合わせ、水分調整を行います。

「かなりの経験とノウハウが必要となります」

2.スクープ式発酵槽

調合資材を投入し、ボタンを1回押すだけで全自動でかき混ぜてくれます。投入後3日もすれば調理クズ等の姿は微生物により分解され、約1カ月で出口に到着します。槽内堆肥の温度は、高い所で80℃以上にもなりますので夏の温度管理は大変です。

スクープ式発酵槽

このスクープ式攪拌機は、高い耐久性とアフターサービスの良さから選定しました。
スクープ式攪拌施設製作:菱興産業株式会社

3.熟成槽

熟成槽にたどりつく頃には臭いも弱くなり、その後2ヶ月間、数回切返しをしていくと徐々に温度も下がってきます。

4.ふるいわけ・粒度調整

スクープ式発酵槽

ふるい機への投入を行い、細い(製品)と粗い(戻し堆肥)に分けます。この際、風選機でゴミを取り除き製品への混入を防ぎます。
ちなみに、この風選機は当社オリジナルです。

5.製品倉庫

製品倉庫

製品倉庫ではシーズンによる多量出荷にも対応できるよう在庫をストックしております。

pagetop