製品紹介

エム・シー・エスの堆肥を実際にご利用いただいたお客様からのご感想を紹介いたします。

伊賀有機農産供給センター 代表 松井佳昭 様(三重県伊賀市白樫)

伊賀有機農産供給センター様

「美しい大地と空をこどもたちに」という想いをもつ人が集まり、自然と共に生きること、つながりを大切に生きること、その具体的な手段として生きることの原点である「食」から考えるために農業をしています。私たちは、循環農法・露地栽培・無農薬無化学肥料農法に取り組んでおります。自然の方にならい、身の回りにあるもので、「食」を求めたい、その内の一つとして食品の残渣から作られたエム・シー・エスの堆肥も使っています。わるい堆肥は使いません。だから常にいい堆肥作りをつづけてください。

伊賀有機農産供給センター様のホームページはこちら

伊賀ベジタブルファーム㈱ 代表 村山邦彦 様(三重県伊賀市古山)

伊賀ベジタブルファーム㈱様

伊賀ベジタブルファーム株式会社です。伊賀市古山地区で野菜の有機栽培に取り組んでいます。いつも堆肥を利用させてもらっていますが、エムシーエスさんは生産者のニーズに真摯に応えてくれるので、とても助かっています。持続可能な社会を目指して、地域内循環の取組を共に進めていきたいと思っています。

伊賀ベジタブルファーム㈱様のホームページはこちら

桐生さんちのお米 桐生 繁之 様(三重県鈴鹿市白子町2058-1)

桐生さんちのお米 桐生 繁之 様

『私たちは、長年かけて作り上げた地力の高い土と鈴鹿山脈の豊富な伏流水で、有機肥料100%のコシヒカリを作っております。「稲は地力で取り、麦は肥(こえ)で取る」と古き言い伝えがあるように、稲は土の力、すなわち、地力が大切です。私は、稲刈後のワラは全量すきこみ、長年、松阪牛(三重県の名産牛です)の糞とモミガラをあわせて、自家製の堆肥を作って、水田に入れました。近年は、食品残渣で作ったここの堆肥も入れています。堆肥などの有機質を水田たっぷりすきこみ、土をしっかり作ることが、美味しいお米作りには欠かせません。是非皆さんもご賞味下さい。』

桐生さんちのお米様のホームページはこちら

pagetop